« 沖縄に自生するシークヮーサー種子油 | トップページ | “塗るつや ” エトヴォス ミネラルハイライトクリーム »

毛無し眉を旬のナチュラル太眉にする方法

昔むかし、雑誌で細眉の特集ページなぞをつくっていました。
当然びしびし抜きまくっており、「なんで萬田久子さんは眉毛抜かないんだろう?」と不思議でしたが、今となっては萬田さんさすが、正解です。ごめんなさい。

抜いて抜いて抜きまくった私の眉は、もはや元には戻りません。
ケミカルなコスメを使わない素朴美容を実践して2年、まつ毛だけでなく眉毛もだいぶ生えてきましたが、流行のナチュラルな太眉には自分の眉ではつくれません。

で、眉メイクを試行錯誤しましたが、アイブロウペンシルでは全然ダメでした。ペンシルで太くすると不自然になります。

で、パウダーでふんわり描くのがいいようです。

その強い味方がこれ。エテュセ チップオン アイブローです。

Image

え?オーガニックじゃないって? 確かに。が、キモはこの台紙。眉を描くガイドラインとなるテンプレートになっているんです。

これをこのまま使うと目に刺さるので、私は目の部分を切っちゃいました。

Image_2


ジェーンアイルディールの限定アイシャドウキットのトープ色を、アクセーヌのアイブローブラシでつけていきます。このアイシャドウはもう売っていないようです、残念。オーガニック系のパウダーアイブローをずっとずっと探していますが、どうもピンとくるものがなくて。むしろアイシャドウにいい眉色が見つかったりします。

Image_3


これを眉に当てて、眉の下側だけを台紙通りに描きます。

Image_4

眉の下側のこの位置から描き始めます。

Image_5

下側全体に塗ると…

Image_6

こんな感じ。(テンプレートの跡がついちゃってますね。こういうところに年齢が出ます…( ´ ▽ ` )


Image_7

さらにブラシで全体のバランスを見ながら塗り足せば…

Image_8

完成!

Image_9

もうちょっと眉に強さが欲しいときだけ、エテュセ チップオン アイブローのオリーブブラウンを、眉のこの辺に塗り足します。


Image_10

ちょっと太くなりましたか?

全体はこんな感じです。Image_2


|

« 沖縄に自生するシークヮーサー種子油 | トップページ | “塗るつや ” エトヴォス ミネラルハイライトクリーム »

スタメンコスメ(メイク)」カテゴリの記事