« 2009年9月 | トップページ | 2010年4月 »

PMS&極上美肌に“穂のしずく”

Dsc_0103   遂に発見! 植物性プラセンタ

具合が悪いことが多かったので、サプリメントはいっろいろ試しました。

日本にはないものを海外から取り寄せたりも。

で、結局サプリや漢方を複数飲む、で落ち着いたのですが、

費用もかかるしお腹がいっぱいになるしで困っていました。

     ゲプッ。

でも、"植物性プラセンタ穂のしずく" と出逢ってからは、薬以外はこれしか飲んでいないくらい。

調子がと~ってもいいのです。

携帯はこちらから↓

続きを読む "PMS&極上美肌に“穂のしずく”"

|

極上ふわふわオーガニックコットン

さて、ローションで拭き取りをするならば、コットンにもこだわりたいもの。
せっかくなので脱脂薬剤で真っ白に漂白されていない自然なものがうれしい。
そんなオーガニックコットンがたくさん販売されている昨今ですが、・・・。

 遂に極上のふわふわコットンを発見しました!
と〜にかく柔らかくって、肌が敏感になっていても安心して使えてしまうほどなのです。
それが パノコ オーガニック コットンパフ
Cotton1 こんなにもベージュなのは、薬を使わず天然石鹸で脱脂しているから。ポツポツある茶色いものは綿カス。これは葉や茎の破片ですが、肌に当たっても全く感じないほど柔らかくなっているので安心です。

 パノコのオーガニックコットンは、スイスREMEI社から供給されます。
REMEI社はタンザニアなどでのオーガニックコットン栽培を指導していて、化学肥料や農薬を使わないのはもちろんのこと、
排水を浄化したり、コットンを植えた翌年や大豆やとうもろこしを作るなどして土壌がやせないようにしているそうです。

 例えば農薬を使わないために、ひまわりなど虫が集まる植物を周りに植えたり、
ニームの植物エキスをかけて虫が寄ってこないようにする努力をしています。

また利益の5%を積み立てて、農家とその家族の健康維持のために移動病院での治療や検査費に充てたり、
バイオガス設備や灌漑設備のための金利ゼロ融資をするなどしているとか。
だから使うたび、「少しはタンザニアの方々のお役に立ててるかも」と思えます。

続きを読む "極上ふわふわオーガニックコットン"

|

« 2009年9月 | トップページ | 2010年4月 »